スノボーと板の関係

さっそうとゲレンデを滑り降りるスノボーは、スタイリッシュでありながらも美しいライディングを見ることができたりもします。
以前は少しやんちゃなイメージもありましたが、その難易度は高く、甘く考えていると、簡単に滑ることはできなかったりもするのです。
それだけに、滑り降りてきたときの爽快感は、スキーとはまた違うものがあります。

ただし、スキーとは全く道具が異なることを忘れてはいけません。
ウェアは共用することはできますが、道具は全く別物です。

ハードブーツを使うアルペンボードもありますが、実際に始める人は少なく、滑りも難しいものがあります。
安全性という点でも、両足がバインディングから離れないように作られているため、ハードブーツとの相性がいいとは言えないのです。
そのため、専用の装備を用意して望まなければいけないでしょう。

そのなかでも、板選びはスノボーの肝といえる部分です。
どんな板を選ぶのかで、滑りを楽しむことができるかが変わってきます。
体の大きさや筋力、足の大きさに合わせて、板は選んでいかなければいけないのです。

簡単に身長マイナス20cmとか15cmということもあるでしょう。
そういった説明をしている場合もあります。
しかし、この数値にははっきりした根拠がなく、実際に身長の高い女性の場合には、こう知った数値では当てはまらなかったりすることもあるのです。

どうして、スノボーの長さがこうした考え方をするのか、その根本から考えてみてはいかがでしょうか。
きっと自分に合った板を見つけることができるはずです。



▼管理人推奨外部リンク▼
ウェアなど用具一式のレンタルもある格安スノボーツアーのサイトです ⇒ ⇒ 格安スノボーツアー


Copyright © 2014 スノボーの長さ、形はどうやって選ぶの? All Rights Reserved.